男性

悩みの種を無くそう|プロペシアは副作用が無い

専門のクリニックも

女医

大阪にはAGAの治療を専門に行っているクリニックも少なくありません。専門のクリニックであれば、治療法の種類も豊富なので適切な治療を受けられます。無料カウンセリングを利用して、治療に対する不安や疑問はしっかり医師に相談しましょう。

もっと詳しく

薬の力で薄毛治療が可能

男の人

agaは若者を中心として増えている薄毛の種類で、男性ホルモンが影響することで抜け毛が起きる症状です。agaは病気ですので病院を受診することで、内服薬のプロペシアや外用薬のミノキシジルの処方を受けることができます。

もっと詳しく

男性型脱毛症が治る薬

先生

世界初の薄毛の薬

プロペシア錠は男性型脱毛症に悩んでいる男性なら誰もが知っている医薬品です。プロペシアは世界で初めて、薄毛を治すための薬としてアメリカで開発されました。もともとは前立腺肥大を治すために開発された薬でしたが、臨床試験の過程で増毛効果があることがわかり、薄毛の薬として販売された経緯があります。日本では2005年10月に厚生労働省によって輸入が許可されました。そして同年12月から各医療機関で取り扱いを開始しました。プロペシアの販売がきっかけで日本でも薄毛を積極的に治そうという人が増え、多くの人が悩みを解決しています。日本国内でプロペシアを愛飲している男性は20万人近くいると言われており、今もなお愛用者が増え続けています。

知っておくべきリスク

男性型脱毛症は男性ホルモンが引き金となって発症します。脱毛症になると、自分の頭に自信がなくなってしまうこともあるでしょう。しかし、プロペシアには男性ホルモンに働きかけて、ジヒドロテストステロンというヘアサイクルを乱す脱毛因子の発生を予防する働きがあります。プロペシアを飲むときには副作用について理解しておく必要があります。どんな医薬品でもそうですが、プロペシアにも副作用のリスクがあります。男性ホルモンに働きかける薬効があるため、男性機能が衰えたり、精力が減退したりする副作用が起こることがあります。頭痛、吐き気、めまいなどの副作用も報告されています。また、女性がプロペシアを飲むのは禁止されています。妊娠中の女性が飲むと胎児に影響が出る確率が高くなるからです。妊婦はプロペシアに触るのも危険なので、触れたり飲んだりしないように注意をする必要があります。

毛を育てることで薄毛解消

メンズ

薄毛が気になってきたら、育毛を行って維持する必要があります。そのまま放置すると薄毛が進行して将来的にハゲてしまうことになります。大阪であれば薄毛治療を行っているクリニックや育毛を行うサロンが多くあります。

もっと詳しく