男の人

悩みの種を無くそう|プロペシアは副作用が無い

薬の力で薄毛治療が可能

男の人

病院で治療ができる

agaとは最近若者を中心として増えている薄毛の種類のことで、男性ホルモンが影響して抜け毛が起きる症状のことを指します。agaは病気と捉えられているために、専門の病院に通うことで治療を受けられます。aga治療薬としてはプロペシアが有名で、専門病院以外の皮膚科や内科でも処方を行っているところもあります。プロペシアの処方を受けるときには、健康保険が適用されませんので、全額自己負担しなければならないことを知っておく必要があります。プロペシアは内服薬ですので、1日あたりにつき1錠ずつ半年ほどの期間をかけて継続的に飲むことでagaの症状を治療する医薬品です。自己判断で途中で服用することを止めてしまうと、薬の効果が無くなってしまいますので、治療をすると決めたときには途中で止めずに継続的に服用することが重要です。

外用薬の処方も可能です

病院を受診することで内服薬のプロペシアの処方を受けられますが、外用薬と併用することで薄毛治療の効果を高めることが可能です。プロペシアはあくまでもagaを引き起こしている男性ホルモンの働きを止める作用がある薬で、発毛作用が強いというわけではありません。そのために外用薬であるミノキシジルが配合されている育毛剤と併用することで、抜け毛を抑制しながら発毛作用を促進させる効果が得られます。従って、病院でaga治療を受けるときには、プロペシアに加えてミノキシジルについても処方を受けることが可能で、同時に使用しながら治療を進めていくことが多くなります。さらに専門病院であれば、有効成分を薄くなっている頭皮の部分に注入する施術を行っているところもあります。